口癖かのように何の仕事をしてるん?

この年になって面白いことがある。それは皆が一斉に声を揃えて発する。何の仕事をしてるん?一応自分的には来年の4月頃には発表をする予定だ。そんなこんなで日々を繰り返していると目標みたいなモノができる。昔に触れると今の自分の未熟さがとてつもなく感じれるようになる。昔の人は成り上がるためにどれだけの努力をしたのか?

今の私には到底わからない話だけど、いつの日か手に入れたい光景がある。そこがゴールではなく始まりなのだ。

何も始まっていないけど、多くの人が一歩を踏み出せないように自分も何も変わらない日々を繰り返していいる。

瞬間を大切にできる家人のように高めていきたいい。音楽を聞けば声が聞こえる。

借金にも形があるとすれば、目に見えないモノに近づくまさに現代との融合になるのだろう。

一瞬で仕事を片づけるスキルが身についてきたから楽しくなってきたなと思う。

それにしても同世代の男には絶対に負けたくない。正社員ってそんなに偉いものかね。